練習config.yaml

Gmailに送るyamlが多いけど、失敗の連続な人へ。
サイトのデータをテキストファイルやiCalファイルへ出力。
出力フォルダーは、C:/apというのを適当に作成した。作成していないとエラー。
また、キャッシュ用のフォルダーを作成C:\plagger

注意としては、


1.config.yamlは、インデントにうるさい。
2.最後は、必ず改行をいれる。
以下config.yaml

                                                                                                                • -


global:
plugin_path:
- C:\Perl\site\lib\Plagger\Plugin
assets_path: C:\Perl\site\lib\Plagger\assets
timezone: Asia/Tokyo
log:
level: info
cache:
base: C:\plagger

                                                                                                                        • -

ここまでは、どんなconfig.yamlを書こうが同じなので毎回コピペ

                                                                                                                        • -


plugins:
- module: Subscription::Config
config:
feed:
- url: http://rssblog.ameba.jp/poisontv/rss.html
- url: http://watabeken.cocolog-nifty.com/blog/

- module: Aggregator::Simple


- module: Publish::OutlineText
config:
filename: C:\ap\outline.txt
encoding: sjis
- module: Publish::PalmDoc
config:
path: C:\ap
prefix: PalmDoc
medoc: 1
- module: Publish::iCal
config:
dir: C:\ap

                                                                                                      • -

このconfig.yamlをC:\Perl\site\bin配下に置く。

実行(コマンドプロンプト)


> plagger
もしくは、
> plagger -c 設定ファイルの絶対パス
> plagger -c C:\Perl\site\bin\config.yaml

広告を非表示にする